前へ
次へ

父が本の買取サービスを利用しました

父は学生の頃から本が大好きで、自宅の本棚にはたくさんの本が保管されています。
私が幼い頃は、父が読書をしている姿をよく目にしていた記憶があります。
70代になった現在も本が大好きなようで、書店で気になる作品を見つけるたびに購入しているそうです。
もちろん新たに購入するたびに本がどんどん増えてしまい、本棚に保管できないものもあり、ダンボールに入れて保管している本がたくさんあると言っていました。
そんな父に、本の買取を専門に行っているお店の存在を教えてあげたところ、さっそく不要な本をダンボールに入れて店頭に持って行ったと教えてくれました。
スタッフの方が1冊1冊丁寧に査定をして、その場で査定価格を提示してくれたそうです。
スタッフの方と話しながら査定価格を教えてもらえたようで、とても楽しかった様子です。
もう読む機会がない古い本を買い取ってもらえたと嬉しそうに教えてくれました。
不要な本が処分できたおかげで本棚に余裕ができて、お気に入りの本がきれいに保管できるようになったそうです。
また、不要な本を売ったお金で、また新作を何冊か購入したそうです。

Page Top